SANCTUARY MECHANIC BRAND

"Z"High Pressure Oil Pump KIT

キャビテーション対策 高性能トロコイドオイルポンプ

Z 前期系 ハイプレッシャー オイルポンプKIT(ポンプギア付きKIT)

SANCTUARY MECHANIC BRAND

Z 前期系 ハイプレッシャー オイルポンプKIT(ポンプギア付きKIT)

セール価格¥74,800
売り切れ

税込み

SKU: SM-HPOG

キャビテーション対策 高性能トロコイドオイルポンプ

Z系のオイルポンプは旧いギヤ式構造のため油圧が低く、また経年変化により著しく機能低下しているものが殆どです。 ハイプレッシャーオイルポンプKITは現代規格のトロコイド式オイルポンプであり、非常に優れた循環性能を発揮する製品です。

Z系のオイルポンプギヤは、エンジンオイルの油面に差し掛かった位置にあり、ギヤの高速回転によって気泡が発生するキャビテーションを常に起こしています。 ギヤ式ポンプは、すぐ下のオイルポンプ吸込口から気泡が大量に流入し、ギヤ間を通過する際に発生する懐圧によって、軸部にダメージを発生させます。またシリンダーヘッドに上がるラインはもちろん、オイルクーラーへの循環も常に気泡が混入するため、油圧が不規則なうえ、冷却効率も著しく落ちています。ハイプレッシャーオイルポンプは、ギヤカバーによってギヤ回転で発生するキャビテーションを抑える消泡構造で、トロコイドローターの高性能と相まって理想的なオイル循環を実現させています。

ハイプレッシャーオイルポンプは潤滑系統の健全化により以下の症状が改善されます。 ●アイドリングでオイル警告灯がチカチカ点滅する(ノーマルポンプの油圧低下から起こる症状)
●大型のOILクーラーコアを取り付けている。もしくは長いOILクーラーホースを使用している事 から の油圧不足(ノーマルポンプの油圧では不足)
●排気量や圧縮を上げた事から油温が上がりやすい。オーバーヒートや熱ダレを起こしやすい。 (油圧が低い事から効率よい冷却循環が出来ていない。)

ハイプレッシャー オイルポンプKITは、これらの症状に対し大変効果のある製品です。 安定した高い油圧は、エンジン全体に大きく影響しシリンダーヘッドに上げるオイル圧送力も増す事からカムシャフトやメタル、タペット等の摺動負担を低減。 チューニングヘッドにも有効で、熱ダレから起こるギヤ抜けにも効果があるなど、エンジンに対して幅広く性能を発揮します。

詳細はこちら